パパイヤ葉茶の効果

The effect of the papaya Leaf known if it drinks 

 

 

 

 

パパイヤ葉茶の効果

1

2

ずば抜けたポリフェノール

 

飛騨産のパパイヤ葉茶にはアンチエイジング効果の高いポリフェノールが茶葉100gあたり3300mgのプリフェノールが含まれています。ポリフェノールの量が飛騨産のパパイヤ茶には多く含まれています。

 

もっと気になる方はネットで色々と検索してみてください。

 

 

海外ではこんな研究発表がされている

 

※海外ではこんな研究発表がされています。
日米共同研究によりパパイア葉茶のある効果の研究結果。

私がパパイヤ茶栽培を始めるきっかけとなった理由の一つです。


詳しくは検索してみてください。

 

パパイヤフルーツから作ったお茶よりも乾燥させて作ったパパイヤ葉茶の方が有効成分が多い。

3

4

ノンカフェイン

 

パパイヤ葉茶にはカフェインは含まれません。カフェインが気になる方も安心できるノンカフェインです。

 

医者いらずの果物

 

パパイヤにはたくさんのビタミンが含まれ沖縄では「医者いらずの食べ物」と言われています。そのパパイヤの葉のみを利用したのがパパイヤ茶です。女性にうれしい効果がたくさんあります。

6

海外で意外な活用方法

 

タイでは昔からパパイヤ葉茶は民間治療として利用されているとニュースで見ました。日本でもあるクリニックで提供しているくらい。それだけすごい植物でもある。

詳しくは検索してみてください

 

5

飲みやすい味

 

じっくり乾燥させ焙煎することで香り高いお茶に仕上げています。

香りが強く香ばしい味です。

茶は濃ければ濃いほど多く成分を含みます。お好みで調整してください。飲めばきっとやみつきになります。私がそうです。

濃くしすぎるとにがいので薄めにするとすごく飲みやすいです。

パパイヤ葉茶にはカフェインは含まれません。ノンカフェインです。 ビタミンC・カロテノイド・フラボノイドなど抗酸化作用を豊富に含む。 パパイヤ葉茶に含まれるリンゴ酸、ペクチンの整腸作用により便秘を 解消する効果があると言われている。 パパイン酵素は炎症を鎮めアレルギー症状を解消すると言われているためアレルギー症状解消にも効果が見込めそうです

※2015年 飛騨産のパパイヤ葉茶栽培は農林水産省の認定(6次化)を取得

飛騨産のパパイヤの葉っぱ

これに勝るはない

抗がん効果  日米共同研究によりパパイア葉茶に著しい抗がん特性を認めたとする研究結果が発表されています。頸部(けいぶ)がん、乳がん、肝臓がん、肺がん、すい臓がんで抗がん効果が証明されている内容です。 http://www.afpbb.com/articles/-/2707826 詳しくはこちらに記載されています  抗がん作用を持つビタミンB17(アミグダリン)やイソチオシアネートなどの成分が含まれていると報告されています。 パパイヤフルーツから作ったお茶よりも乾燥させて作ったパパイヤ葉茶の方が有効成分が多く

※飛騨産のパパイヤ栽培がイタリアの国際雑誌で紹介されました

ずば抜けたポリフェノール  飛騨産のパパイヤ葉茶には100gあたり3300mgのプリフェノールが含まれています。ポリフェノールと言えばブルーベリー。それでも100gあたり250mg程度。 ずば抜けたポリフェノールの量が飛騨産のパパイヤ茶には含まれています。

※弊社で収穫した飛騨パパイヤ葉の分析結果